2010年01月09日

関越道でバスが分離帯乗り越え ツアー客36人けが(産経新聞)

 2日午前10時45分ごろ、群馬県渋川市赤城町の関越自動車道上り車線で、観光バスが中央分離帯に接触して、対向の下り車線に飛び出した。県警高速隊や渋川広域消防本部によると、バスの乗客45人のうち36人が打撲や切り傷などを負い、病院に運ばれた。いずれも軽傷とみられるという。

 渋川広域消防本部によると、バスには、東京都中央区に本社がある旅行会社の新潟支店が企画した、お正月の「七福神めぐり」の日帰りツアー客が乗っていたという。新潟県内から埼玉県川越市に向かう途中だった。

 けがを負ったのは9歳の女児から76歳の男性で、男性が13人、女性が23人。県警は、運転手から事情を聴くなどして、詳しい事故の原因を調べている。

 この事故の影響で、関越道自動車道は午前11時すぎから、渋川伊香保−赤城インターチェンジ間で通行止めとなっている。

【関連記事】
昇格試験合格したばかり…機動隊員はねられ死亡
騒然…百貨店の外壁はがれ、国道通行止め 新潟
バイク2人乗り高校生死亡 速度超過でパトカー追跡後
トラブルで車外へ?首都高で男性はねられ死亡、5人軽傷
衝突のはずみで別のトラックが…バイクの男性死亡 大阪

g35f1rwsのブログ
zgundamのブログ
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化
posted by Kingsley at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。