2010年05月31日

民主参院議員が悲鳴「世論の逆風をしのげない」(産経新聞)

 民主党が26日午前に国会内で開いた参院議員総会で、「政治とカネ」の問題や、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐる鳩山政権の迷走で逆風にさらされている改選組の参院議員たちから、窮状を訴える声が相次いだ。

 小林正夫氏は「世の中、『民主党はだめだ、鳩山の優柔不断さはだめだ』という声が圧倒的に強い。せっかく与党になった。この場に戻ってきたい。打開策の手を打ってほしい」と発言。加藤敏幸氏も「戦術的な対応で間に合うのか。戦略的な対応を打つ必要がある。衆院に308議席あるから参院選で負けても数合わせをすれば政権を維持できると、そんなこと本気で考えているのか」と主張した。

 また、藤末健三氏は「『政治とカネ』の問題も対応してほしい。企業・団体献金を禁止する法案を今国会で通さなければ、世論の逆風をしのげない」と訴えた。

 これに対し、輿石東参院議員会長は「皆さんの気持ちは受け止める。私がなぜ会長をやらしてもらっているか、そのことを肝に銘じて、皆さんも覚悟を決めてもらいたい」と述べた。

【関連記事】
【鳩山政権考】さながら「オール無責任政権」
「政治とカネ」の悪影響回避へ 閉会急ぐ民主
南九州企業・団体、鳩山政権支持せず74%
小鳩コンビ「普天間&カネ」問題で“逃げの一手”決め込み
普天間めぐり緊密な協議継続で一致 日米防衛相会談
虐待が子供に与える「傷」とは?

「ステーキおごったる」でも所持金400円…無銭飲食で逮捕(産経新聞)
睡眠時無呼吸発見プロジェクトを立ち上げ−SASネット(医療介護CBニュース)
郵政改革法案、衆院総務委が可決(読売新聞)
両陛下、湿生花園をご訪問(産経新聞)
鳩山首相“言葉の軽さ”反省の弁(産経新聞)
posted by Kingsley at 21:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。