2010年01月21日

総務省、NTT西に業務改善命令 顧客情報を不正提供(産経新聞)

 NTT西日本の子会社が顧客情報を販売代理店に不正提供していた問題で、原口一博総務相は15日、電気通信事業法に違反したとして、業務改善命令を出す方針を発表した。改善命令をNTTグループに出すのは初めて。22日にNTT西から事実関係を確認する聴聞会を開き、最終決定する。

 原口総務相は、NTT西同様にNTT東日本でも同様の不正が起こりうるとして、「NTT東日本にも情報管理体制の指導を行う」と述べ、行政指導を行うことを明らかにした。

 NTT西の大竹伸一社長は昨年12月、事実関係や再発防止に関する報告書を総務省に提出。総務省は、業務方法の改善などの措置命令が適当と判断した。

【関連記事】
NTT西社長「不信感もたせた」と謝罪 顧客情報流用問題
NTT西、石川でも顧客情報悪用 他社ADSL利用状況提供
子会社社員の顧客情報不正利用 NTT西、あす再発防止策
通信13社が総務省に要望書 NTT西の顧客情報悪用で
NTT西日本で顧客情報823件が流出

外国人参政権「絶対反対」=永住するなら国籍取得を−石原都知事(時事通信)
「在宅酸素療法」中の火災で注意喚起―厚労省(医療介護CBニュース)
北朝鮮の平和協定案に慎重 岡田外相(産経新聞)
理科実験中に爆発 豊島区の巣鴨高で11人けが(産経新聞)
更生法申請「経営の結果」=平野官房長官(時事通信)
posted by Kingsley at 11:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。